Q&A

インテリアコーディネーター資格試験を独学で合格した勉強方法とは?【1次試験編】

 

こんにちは、しけたむです!

この記事では

  • 「インテリアコーディネーター試験って知識が無くても合格できる?」
  • 「最短で合格できる方法を知りたい。」

という皆様に向けて、インテリアコーディネーター資格試験を独学で合格した勉強方法について紹介します。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
今回は知識が0からでもインテリアコーディネーター資格試験に合格した勉強方法を紹介しますにゃ!

 

 

テキストを選ぼう

本屋 テキスト選び

 

私がインテリアコーディネーター資格の学習を始める際に、まずはじめに行なったのが本屋へ行くことでした。

 

最近ではネットで書籍も購入できますが、自分は読みやすさや分かりやすさ、勉強の進めやすさを確認するために実際に手にとって確認したい派だったのです。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
本屋でテキストを選んでいる時は、とってもワクワクしている状態ですにゃー

 

インテリアコーディネーター資格は、はっきりいって暗記をする範囲がめちゃくちゃ広いです。

テキストには厚みが薄いものもありますが、厚いテキストが苦手だからと言って薄いテキストを選んではいけません。

当然内容も薄いので、出題範囲が網羅されてないことが多く、また参考画像や写真なども少なく、理解するのがとっても大変です。

 

そして、私が選んだオススメのテキストはこちらです。

コーディネーター テキスト出典:HIPS

 

このテキストは「上巻」と「下巻」に分かれていて、それぞれが300ページくらいのボリュームがあります。

この2つのテキストが、インテリアコーディネーター資格試験の一次試験の内容になります。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
2つ合わせるととっても分厚くて、最初はちょっと不安に感じるかもしれにゃいにゃ・・・

 

このテキストを選んだのは、しっかりとボリュームがあり、この2つのテキストだけを勉強すればひととおり知識がつくと思ったから。

またテキストだけではなくて、図や挿絵も豊富で読みやすいことも大きなポイントでした。

テキスト 図とイラスト▲文字だらけのテキストが多い中、イラストたっぷりで読みやすいのがよい!

 

というわけで、どうやって勉強をはじめたらよいのか迷っている人は、とにかくこのテキストを手に入れてスタートしましょう!

 

ナンタルカ
ナンタルカ
この時点では、過去問題集や二次試験のテキストとかを用意する必要はまったく無いですにゃあ

 

 

テキストの読み進め方(暗記方法)

テキスト 読み進め方 暗記方法

 

あなたは「暗記」は得意な方でしょうか?

もし得意なのであれば、ご自身の得意な方法で読み進めて問題ないと思います。

 

かくいう私は比較的暗記は得意な方だったのですが、それにしても覚える量が多かったので以下の方法でもくもくと進めました。

 

①1日に進める(勉強する)ページ数を計画する

 

インテリアコーディネーター資格の1次試験日は毎年異なり、10月9日、または10日頃が多いです。

(2022年度の1時試験日は10月9日の日曜日。)

 

私はこの1ヶ月前までにはテキストを読了(どくりょう)し、過去問題集や予想問題集に取り掛かるペースで勉強を進めることを目標としていました。

 

この読了というのは、テキストの上巻と下巻をそれぞれ3周することを指します。

上下巻のページ数を合計すると、約560ページ(目次や索引を除く)なので、

3周するとなると、560×3=1,680ページ にもなります。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
なんだか途方もないページ数になりますにゃあ・・・

 

これを逆算すると、1次試験日の1ヶ月前(9月10日頃)までに1,680ページを読了するのであれば、

4月10日頃から勉強を開始した場合、猶予は5ヶ月(約150日)あるので

1,680 ÷ 150 = 11.2ページ となり、1日に10〜12ページのペースで勉強を進めれば良いわけです。

 

1月10日頃から勉強を開始した場合、猶予は8ヶ月(約240日)あるので

1,680 ÷ 240 = 7ページ となり、1日に6〜8ページのペースで勉強を進めれば1次試験日の1ヶ月前にはテキストを3周することができます。

 

学習 ページ数 目安▲自分のペースにあった学習計画をたてることが大事!

 

ナンタルカ
ナンタルカ
コツコツ派とガッツリ派、自分にあった学習のペースで試験勉強をスタートするのがよいですにゃあー!

 

②テキストを計画的に読み進める

 

インテリアコーディネーター資格試験は覚えることが多く、また馴染みの薄い単語も多く出てくるので、慌てず騒がず淡々と自分のペースで進めていくことが大事です。

 

テキストを3周するのには理由があり、それぞれの周では以下のことを意識してみましょう。

1周目:暗記よりも、まずは内容理解

2周目:内容理解の復習と、暗記シートを使って苦手の抽出

3周目:チェックマークを付けた単語を重点的に攻略

 

1周目:暗記よりも、まずは内容理解

 

よくある失敗例は、テキスト1周目で「しっかり暗記しなきゃ!」と気合を入れてしまい、途中で息切れしてしまうというパターン。

1周目においては無理に暗記をしようとするよりも、まずは内容理解を優先して読み進めてゆきます。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
Googleで分かりづらい用語を調べたり、インテリアのナンたるかの記事を併用して理解を深めるにゃ!

 

▲テキストを読んでいて理解しにくい箇所は、インテリアのナンたるかのキーワード検索で調べてみましょう。

 

2周目:内容理解の復習と、暗記シートを使って苦手の抽出

 

2周目では1周目の復習と、暗記シートを使って暗記出来ていない語にチェックマークをつけて「忘れやすい語、覚えにくい語」の抽出をしてゆきます。

 

暗記には、以下の様なマーカーとシートを使ってテキストの文字を隠しながら確認をしてゆくと捗ります。

緑色のマーカーをひいた単語が、赤いシートを重ねることにより隠せるというものです。

暗記用シート マーカー▲私は使いすぎてマーカーのインクが無くなったので、途中でマーカーだけ追加購入しました。

 

全ての単語にマーカーをひく必要はありません。

知らなかった単語の中で、特に覚えにくいと感じたものだけでOKです。

 

赤いシートで隠しながら確認し、2周目でどうしても暗記できなかった語は3周目で確認するために、分かりやすいチェックマークを単語の横に付けておきましょう。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
チェックマークをつけた単語は、3周目でさらに重点的に暗記をしてゆけばいいですにゃ!

 

 

3周目:チェックマークを付けた単語を重点的に攻略

 

3周目に突破すると、いよいよ総仕上げです。

内容の理解はずいぶん進んでいるはずなので、2周目で暗記しきれなかったチェックマークを付けた単語を重点的に暗記を重ねます。

 

もし3周目でも覚えられない単語があった場合は、2回も暗記できなかったことがわかるようなチェックマークを追加しましょう。

暗記はラスト1ヶ月の期間で最後の追い込みをかけます。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
チェックマークは2周目で覚えられなかったものには「×」、3周目で覚えられなかったものはさらに「×」を追加という風に、自分で分かりやすいマークにするとよいにゃ!

 

③テキスト活用で過去問をひたすらに解く

予想問題集 過去問題集

 

テキストの上巻下巻を3周やりきったことで、大きな自信にもつながっていることかと思います。

9月からのラスト1ヶ月では、今まで溜め込んだ知識をまずは過去問題集にぶつけましょう!

 

ナンタルカ
ナンタルカ
3周もテキスト覚えたのに、過去問の合格基準点をクリアー出来なかったにゃあああああ・・・!!

 

となっても心配いりません。

というより、私もこの時点ではこんな状態でした(汗)

 

しかし過去問題集で間違えた問題の確認と復習をしっかりと行うことで、大幅な点数アップにつながります。

ここでテキストにつけたチェックマークが活きてくるのです。

 

間違えた問題は過去問題集で正誤を確認するだけでなく

必ずテキストを開いて、そのページにある全てのチェックマークを再度確認してください。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
問題を間違えるということは、その関連項目の理解度が不十分で似た問題でも間違える可能性があるにゃ!テキストでチェックマークもろとも最終確認を進めるにゃ!

 

過去問題集を繰り返し解き、満点が取れる様になれば予想問題集などで合格点がとれるように詰めてゆき、間違えた箇所はテキストで再確認を繰り返せばOKです!

 

これでやれることはやりました。

ボロボロになったテキストを見れば、不安な気持ちも吹っ飛ぶはずです。

 

最後は、試験会場の間違いによーく注意してください!

間違えて試験を受けれなかった人もいますので(^^;

 

 

 

お疲れ様でした。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

わからないことや分かりにくい箇所があれば、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
いつもありがとうございますにゃ。お気に召しましたら、お好きな広告をクリック(タップ)して見てもらえると励みになりますにゃあ〜♪