海外インテリア

デザイナーズチェアとは?最も有名な歴史的名作45選【前編】

RED AND BLUE

 

こんにちは、しけたむです!

この記事では

  • 「有名なデザイナーズチェアについて詳しく知りたい。」
  • 「デザイナーズチェアってたくさんあり過ぎて、どれを覚えればいいのだろう・・・。」

という皆様に向けて、

これだけ覚えれば大丈夫!

絶対に知っておくべき有名なデザイナーズチェアについて画像で解説します。

ナンタルカ
ナンタルカ
デザイナーズチェアが欲しいって思っている方は、この記事でお気に入りの1脚を見つけて欲しいですにゃー!

 

▼デザイナーズチェアの歴史的名作【中編】はこちらから▼

Yチェア ウィッシュボーン
デザイナーズチェアとは?最も有名な歴史的名作45選【中編】この記事ではデザイナーズチェアについて画像で解説しています。チャールズ・イームズ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、ジオ・ポンティ、柳宗理、エーロ・サーリネン、ハリー・ベルトイアの特に覚えておきたいデザイナーズチェアの名作について覚えましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強にも最適です。...

 

▼デザイナーズチェアの歴史的名作【後編】はこちらから▼

デザイナーズチェアとは?最も有名な歴史的名作45選【後編】この記事ではデザイナーズチェアについて画像で解説しています。ドン・チャドウィック、豊口克平、新居猛、ヴェルナー・パントン、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーたちの特に覚えておきたいデザイナーズチェアの名作について覚えましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強にも最適です。...

 

 

 

デザイナーズチェアとは?

ミッドセンチュリー デザイナー出典:Manhattan home design

▲1961年の『PLAY BOY』7月号の特集記事で掲載されたミッドセンチュリー期のデザイナーとデザイナーズ家具。ジョージ・ネルソン(左端)、エーロ・サーリネン(中央左)、ハリー・ベルトイア(中央右)、チャールズ・イームズ(右から2番目)

 

デザイナーズチェアとはそのままですが、建築家やデザイナーなどによってデザイン・開発された椅子の総称です。

 

有名なデザイナーズチェアの多くは、当時まだ新しい素材や技術を駆使して、何度も失敗と試行錯誤を繰り返して生み出されたものばかりで、デザイナーたちの驚くべきアイディアと血の滲むような努力の結晶であり、芸術作品とも言えるでしょう。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
デザイナーズチェアは世界中のいろんな住宅や公共施設、映画や広告でも使われていて、きっと誰もがどこかで見たことがあるものばかりですにゃ!その完璧なデザインは、どんなインテリアスタイルのお部屋でも違和感なく溶け込ませることが出来るんですにゃあ♪

 

007 バルセロナチェア 出典:The STUDY

▲注意深く映画やドラマを見ていると、デザイナーズチェアは頻繁に使用されているのが分かる。『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)

 

デザイナーズチェアの購入方法

デザイナーズチェア

 

デザイナーズチェアを買いたい場合は、以下の3つの購入方法から選ぶことになります。

 

①正規品を買う

Kartell 正規品出典:Hello Interior

 

正規の版権を持った「Kartell(カルテル)」や「Herman Miller(ハーマンミラー)」などのメーカーが製作した、いわば純正品を購入する方法です。

 

非常に高品質で、デザイナーの魂が込められた信頼性の高い製品であることが特長で、保証やアフターサービスまで付いているので安心感もありますが、高額なものが多く、100万円以上するチェアも珍しくありません。

 

②リプロダクト品(ジェネリック品)を買う

リプロダクト ジェネリック出典:楽天市場

 

版権が切れた製品を、正規メーカー以外のメーカーが正規品を模倣して製作したリプロダクト品(ジェネリック品)を購入する方法です。

 

なんといっても数万円から購入できるという価格の安さが特長ですが、その品質は価格相応で、本物とのデザインや質の違いが顕著に見られます。

また、当然ですが保証やアフターサービスなどは期待できません。

 

しかし、憧れのデザイナーズチェアとそっくりの製品をインターネットで安く簡単に手に入れることが出来ることから一定の需要があります。

 

③ヴィンテージ品(アンティーク品)を買う

イームズ ヴィンテージ チェア出典:JOHN MORAN

 

デザイナーズチェアのデザイナー本人が、生前に直接デザインを手掛けたヴィンテージ品(アンティーク品)を購入する方法です。

 

この発売当時のヴィンテージ(アンティーク)チェアと、現在正規品として販売・流通しているチェアでは、使用している素材や生地、細かい仕様が変更になっていることが多いため、また既に販売していないことからもプレミア価格が付いており、高価なものが多くなっています。

中古品ではありますが、傷や経年劣化が新品には無い「味わい」としての魅力があり、熱心なコレクターなどに選ばれています。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
ちなみに「ヴィンテージ」は、製作されてから20年以上が経っているもの。「アンティーク」は、製作されてから100年以上経っているもののことを指しますにゃあ〜

 

デザイナーズチェアの歴史的名作①〜⑬

①『No.14』(1859年)

トーネット 14 チェア出典:TORNET

▲ミハエル・トーネットの代表作『No.14』は、19世期だけで5,000万脚以上、現在までで2億脚以上販売されているモンスター級の名作チェア。

 

No.14』は、1859年にドイツとオーストリアで活躍した家具デザイナーのミハエル・トーネットによってデザインされたチェアで、曲木椅子の名作として名高く、フォルムの単純さと生産性のよさで、現在まで2億脚以上を売り上げたといわれています。

 

ミハエル・トーネットはドイツの家具メーカー『THONET(トーネット)』の創業者で、彼は1830年代にブナやビーチなどの木材を機械で曲げて使用した曲木(まげき)技術(※)を完成させて家具の量産化を成功させました。

ミハエル・トーネット 曲木出典:Cultura.hu

▲ミハエル・トーネットは一般大衆向けに大量生産が可能なチェアを初めて製作した人物で、『No.14』は世界初のデザイナーズチェアとも呼ばれる。

 

※曲木(まげき)とは

「ベントウッド (bentwood)」とも呼ばれる、木材を人工的に曲げて曲線的な形状や模様に成形する技法のこと。

1819年頃から家具製作をはじめたミハエル・トーネットは、当時の木はまっすぐな素材という考えが支配的だった時代において、1830年代に曲木の技術の開発に成功した。

1841年にはフランス、イギリス、ベルギーで特許を取得し、曲木の技術による椅子を各地に展示して注目を集める。

椅子などの家具の製造に用いられるほか、かつて木製であったテニスラケットや自転車の車輪も曲木によって製造されていた。

 

トーネットの開発した曲木椅子は、棒状にカットしたビーチ材を100度を超える高熱で約6時間蒸し手作業で曲げながら鋳型へはめ込むというプロセスで作られていて、当時としては斬新的な技術でした。

トーネット 曲木出典:THONET

▲現在も変わらぬ工程で一つ一つ製造されている『THONET』の曲木椅子

 

曲木技術により多くのパーツを結合させる必要が無くなると、最小限の部品でチェアを作ることが可能になります。

組み立ても容易であったことから分解した状態で輸送するノックダウン方式が開発され、現代につながる大量生産・大量輸送を可能にした『THONET』の家具は「モダン家具の原型」と呼ばれました。

トーネット出典:minniemuses

▲ノックダウン方式により1㎥の箱に36脚のチェアを輸送でき、大量輸送・コスト削減を可能にした。

 

THONET 214出典:Connox

▲現在は『214』という商品名で『THONET』から販売されている。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
ノックダウン方式の組み立て家具は、現代だとスウェーデンの家具メーカー『IKEA(イケア)』の家具でお馴染みですにゃ。自分で組み立てるのは面倒にゃけど、輸送コストを下げることにより商品価格を下げることが出来たこともあって、世界中で飛ぶように売れたんですにゃあ〜

 

②『No.209』(1871年)

209出典:BRUTUS

▲簡素で普遍的なデザインの曲木椅子『No.209』

 

No.209』は、ミハエル・トーネットの息子であるアウグス・トーネットがデザインしたチェアで「ウィーンチェア」とも呼ばれる曲木椅子です。

父のデザインした『No.14』と同様に、『No.209』も最小限の部品だけで構成されたノックダウン方式で作られています。

 

歴史的な建築家であるル・コルビュジエが愛用したことでも知られ、「コルビュジエ・チェア」という愛称でも有名です。

No.209 THONET出典:ArchiExpo

▲コルビュジエの愛した『No.209』は豊富なカラーバリエーションがあり、インテリアに合わせてセレクトすることができる。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
THONETの家具といえば『No.14(214)』と『No.209』の2つが超有名だから、覚えておくにゃ!

 

③『HILL HOUSE 1(ヒルハウス1)』(1902年)

ヒルハウス出典:DOPA

 

HILL HOUSE 1(ヒルハウス1)』とは、スコットランドの建築家、画家、家具デザイナーであるチャールズ・レニー・マッキントッシュによってデザインされた木製のチェアです。

椅子にハシゴを組み合わせたようなデザインが特徴的なヒルハウスは、その見た目から「ラダー(ハシゴという意味)バックチェア」とも呼ばれています。

 

この背もたれ部分をよく見ると、ハシゴが最上部で格子に繋がっていくデザインとなっていて、どこか日本の伝統的な装飾を思い起こさせます。

これはマッキントッシュが日本建築からの影響を強く受けていた為であり、彼は椅子をただ座るためだけの道具としてでは無く、インテリアとして観賞するものとしても考えていたという意図があるそうです。

チャールズ・レニー・マッキントッシュ出典:National Museums Scotland

▲チャールズ・レニー・マッキントッシュ(1868年 – 1928年)は、アーツ・アンド・クラフツ運動の推進者として、またスコットランドにおけるアール・ヌーボーの第一人者として活躍した。

 

▼マッキントッシュはこちらで紹介しています▼

ミュシャ
アール・ヌーヴォーとユーゲント・シュティールの工芸や建築の特徴を画像で解説この記事ではアール・ヌーボーのデザイナーとユーゲント・シュティールをわかりやすく解説しています。代表的な人物について詳しく学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、世界史の歴史勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

マッキントッシュは、このヒルハウスを彼の代表建築作品である「ヒルハウス」の寝室に置くためにデザインしました。

ヒルハウスとは、スコットランド地方の伝統的な民家様式であるスコティッシュ・バロニアルスタイルを元に、彼の特性である幾何学的なデザインを取り合わせたデザインで設計された住宅です。

出典:dazeen

▲「ヒルハウス」の寝室に置かれているヒルハウス。この家に住んでいたのは、スコットランドで出版業を営んでいたウォルター・W・ブラッキーという人物で、マッキントッシュのよき理解者として彼をサポートし、50年間このヒルハウスで暮らした。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
このヒルハウスは、イタリアの家具メーカー『Cassina(カッシーナ)』で取り扱っておりますにゃー

 

④『RED AND BLUE』(1917年)

RED AND BLUE出典:Cassina.ixc

 

RED AND BLUE』とは、オランダの建築家、デザイナーのヘリット・トーマス・リートフェルトによってデザインされた、赤・青・黄の三原色で構成されたモンドリアンカラーの木製チェアです。

 

リートフェルトはオランダの近代デザインのムーブメント「デ・ステイル」の中心人物であったピート・モンドリアンの絵画『赤・青・黄のコンポジション』からインスパイアされて、モンドリアンの新造形主義を三次元へ投影する最初の試みとしてこの赤と青の椅子を製作しました。

ヘリット・トーマス・リートフェルト出典:rietveltorigen

▲『RED AND BLUE』の無塗装品に座るリートフェルト(中央)と家具工場の仲間たち(1919年頃)

 

Composition a DE STIJL出典:WIKIART

▲リートフェルトが影響を受けたデ・ステイルのピート・モンドリアンの作品『赤・青・黄のコンポジション』

 

ピート・モンドリアンの平面的な絵画を、リートフェルトがあたかも立体的なチェアに置き換えたような作品で、その構造はフレームとアームの構成に二種類の大きさの角材を使い、組み立ての間隔は角材の断面の倍数でとられるなど、緻密に計算されたデザインとなっています。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
デザインされてから100年以上経過した現在でも人気は衰えず、イタリアの高級家具メーカー『Cassina(カッシーナ)』で、復刻版が販売されてますにゃ!

 

▼デ・ステイル、ピート・モンドリアンって何?て方はこちらから▼

デ・ステイル
デ・ステイルとは?代表的なメンバーと家具や建築の特徴を画像で解説この記事ではデ・ステイルの建築と家具、インテリアについてわかりやすく解説しています。ピエト・モンドリアン、トーマス・リートフェルトについて覚えましょう。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑤『Wassily chair(ワシリーチェア)』(1925年)

ワシリーチェア出典:Amvbiente direct

 

Wassily chair(ワシリーチェア)』とは、ハンガリー出身の20世期を代表するモダニズム建築家であり、家具デザイナーのマルセル・ブロイヤーによってデザインされた世界で初めてスチールパイプを用いて製作された椅子です。

 

マルセル・ブロイヤーがまだバウハウスの家具工房で指導をしていた頃、自転車のハンドルに使用されていたスチールパイプに着想を得て、画家のワシリー・カンディンスキーの為にデザインされました。

マルセル・ブロイヤー出典:RTF

▲ワシリーチェアに腰掛けるブロイヤー。自転車用の工具を使って簡単に組み立て・分解が可能。

 

この当時、椅子というものは木材を使用して作られるのが一般的でした。

そこに金属であるスチールパイプを用いたという事がまず画期的で、まだ工業用の素材であった金属を家具の素材として利用したことで安価に、軽く、そして大量生産が可能な製品へ導く基礎を作ったというわけです。

 

この作品の後からル・コルビジエミース・ファン・デル・ローエといった世界の大物デザイナーが家具にスチールパイプを使い始めたことを鑑みれば、いかにこのワシリーチェアがデザイン界に与えた功績が大きいかが伺い知れます。

バウハウス ワシリーチェア出典:free3D

▲ワシリーチェアは今もバウハウス・デッサウ校に置かれている

 

▼マルセル・ブロイヤーやバウハウスはこちらでご紹介!▼

バウハウス BAUHAUS
バウハウスとは?建築家の代表作や家具デザインの特徴を画像で解説この記事ではバウハウスについてわかりやすく解説しています。ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ、マルセル・ブロイヤーなど巨匠が多く登場する記事です。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑥『Cesca chair(チェスカチェア)』(1928年)

 

チェスカチェア出典:Hive Modern furniture

 

チェスカチェアは、ワシリーチェアと並ぶマルセル・ブロイヤーの代表的な作品で、ブロイヤーの娘のフランチェスカにちなんで名付けられました。

カンチレバー構造の名作として様々なシーンで使用されていて、「最も有名な金属製チェアの1つにも数えられるほどの作品です。

 

カンチレバー構造とは「片持ち構造」のことで、通常は4本ある椅子の脚ですが、手前の2本のみで荷重を支え、椅子の奥が浮いたような状態になっている構造のことです。

後脚のない構造なので、腰を下ろした時の適度な弾力性によって快適な座り心地を実現していて、一本の屈強なスチールパイプがその荷重を支えています。

チェスカチェア マルセル・ブロイヤー出典:LEXUFUR

▲チェスカチェアにはアームチェアタイプもあり。アメリカの家具メーカー『Knoll(ノル)』から販売されている。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
当時製作されたオリジナルの1つはマンハッタンの近代美術館に所蔵されていて、この椅子は「20世紀の最も重要な10の椅子の1つ」って呼ばれているんですにゃー

 

⑦『LC1(スリングチェア)』(1928年)

スリングチェア出典:MoMA

 

LC1(スリングチェア)は、スイスで生まれてフランスで活躍した建築家であるル・コルビュジエと、彼の従兄弟のピエール・ジャンヌレ、コルビュジエの弟子であるシャルロット・ペリアンとの共同デザインによって制作されたスチールパイプ製の椅子です。

 

「Le Corbusier(ル・コルビュジエ)」の名前の頭文字をとって命名された『LC1』は、「住宅は住むための機械である」というコルビュジェの建築理念を体現したかのような装飾を排して機能性が追求されたデザインとなっています。

LC1 コルビュジェ出典:indas

▲背もたれが姿勢に応じて動くのが特徴で、アームはフレームに厚革を掛けただけのシンプルな構造となっている。

 

20世紀に作られた椅子の中でマスターピース(傑作)のひとつに数えられる名品中の名品である『LC1』は、イタリアの家具メーカー『Cassina(カッシーナ)』にて取り扱いされています。

 

▼ル・コルビュジエはこちらで詳しくご紹介!▼

サヴォア邸
ル・コルビュジエの建築と家具の特徴とは?代表作品サヴォア邸も画像で解説この記事では現代建築の巨匠『ル・コルビュジエ』についてわかりやすく解説しています。ル・コルビュジェは生い立ちから建築や家具、代表作品サヴォア邸も紹介しています。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑧『LC4(シェーズロング)』(1928年)

LC4 シェーズロング出典:Hive modern furniture

 

LC4(シェーズロング)とは、LC1(スリングチェア)と同様に、ル・コルビュジエと、彼の従兄弟のピエール・ジャンヌレ、コルビュジェの弟子であるシャルロット・ペリアンとの共同デザインによってデザインされたスチールパイプを使用した寝椅子です。

 

1929年にパリの美術展覧会「サロン・ドートンヌ」で発表され、「休養の為の機械」とル・コルビュジエが呼んだ寝椅子です。

 

体の線に合わせて綿密にデザインされた背のカーブと、弓形のパイプをずらすことによって寝る角度を自由に変えられることで、至福の座り心地をもたらします。

サヴォア邸 シェーズロング出典:CGarchitect

▲寝る角度の調整は手動で行う。

 

独創的かつ革新的でありながら優美なボディラインを持つこの作品は、80年以上経った現在でも世界一有名な寝椅子といわれており、20世紀を代表するマスターピースのひとつです。

 

▼ル・コルビュジエはこちらで詳しくご紹介!▼

サヴォア邸
ル・コルビュジエの建築と家具の特徴とは?代表作品サヴォア邸も画像で解説この記事では現代建築の巨匠『ル・コルビュジエ』についてわかりやすく解説しています。ル・コルビュジェは生い立ちから建築や家具、代表作品サヴォア邸も紹介しています。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑨『バルセロナチェア』(1929年)

バルセロナチェア出典:FLYMEe

 

1929年、スペインで開催されたバルセロナ万国博覧会で、ドイツ館の設計依頼を受けたミース・ファン・デル・ローエがスペイン国王アルフォンソ13世夫妻のためにオットマンと共にデザインしたのがバルセロナチェアです。

 

このバルセロナチェアの最大のポイントは、脚部のエックス型のフレームデザインにあります。

通常金属製の椅子の脚部は、スチールパイプを垂直に立てて座面を支えるような形状が取られますが、バルセロナチェアはスチールバーを使用して溶接して仕上げることにより、流れるような曲線でエックス型の脚部デザインを実現し、無駄のない完璧なフォルムを生み出しています。

バルセロナチェア Barcelona出典:Pallet&Parlor

▲フレームのクロムスチールは職人の手で丁寧に磨かれ、シートクッションと背もたれのクッションはフレームのカーブにフィットするようにデザインされている。

 

ミースの「God is in the details(神は細部に宿る)」という言葉の通り、細部までこだわり抜いて作り上げられたデザインとなっているバルセロナチェア。

特徴的なエックス型のレッグデザインは、古代ギリシャの腰掛である「ディフロス」をモチーフにしたとも言われています。

 

▼古代ギリシャの折りたたみスツール『ディフロス』はコチラ▼

パルテノン神殿
古代ギリシャ文明の建築や家具、装飾の特徴とは?画像で徹底解説この記事では古代ギリシャ文明の様式についてわかりやすく解説しています。古代の建築やその技法、特徴的な装飾、使用されていた家具などについて詳しく学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

バルセロナチェアはMoMA(ニューヨーク近代美術館)にも永久コレクションされていて、その特徴的なデザインは今日さまざまな場面で見られます。

007 バルセロナチェア 出典:The STUDY

▲注意してみると映画などでもよく使用されているのを目にする。『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)

 

▼ミース・ファン・デル・ローエって誰だっけ?て方はこちらから▼

バウハウス BAUHAUS
バウハウスとは?建築家の代表作や家具デザインの特徴を画像で解説この記事ではバウハウスについてわかりやすく解説しています。ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ、マルセル・ブロイヤーなど巨匠が多く登場する記事です。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑩『41 Paimio(パイミオ・チェア)』(1932年)

パイミオチェア アルヴァ・アアルト出典:skandinaviaskdesign.dk

▲アルヴァ・アアルトは1924年から成形合板の開発を進めると、1932年に『アームチェア 41 パイミオ』を完成させ、家具デザインの歴史に衝撃と革命をもたらした。

 

パイミオ・チェアとは「アームチェア 41 パイミオ」とも表記される、フィンランドの偉大な建築家アルヴァ・アールト(アアルト)とその妻アイノによって設計された成形合板の椅子です。

 

フィンランドのパイミオという街にあるサナトリウム(結核療養所)のために1930年から1931年にかけて設計され、1932年にフィンランドの首都ヘルシンキで開催された北欧建築フォーラムで初公開し、同年に製品化されました。

パルミオチェア サナトリウム出典:artek

▲サナトリウムのパイミオチェア。この椅子はアアルトが家具を生産・販売するために設立した会社『Artek(アルテック)』の主要な商品となり、パイミオチェアによってインテリアデザイナーとしての地位を確固たるものとした。

 

アルヴァ・アアルトは、「ラメラ曲げ木」と呼ばれる成形合板の新技術を開発し、パイミオチェアに用いています。

これは数ミリメートルの厚さにスライスされた「ラメラ (lamella)」 と呼ばれる、フィンランド産のバーチ (birch, 白樺) の長い板を、木目が同じ方向を向くようにして何枚も重ね合わせた積層合板を曲げることによって強く美しい曲面をつくり出す、という技術のことです。

アルヴァ・アアルト出典:Thisismedia

アルヴァ・アアルト(1898年 – 1976年)は、フィンランドが生んだ20世紀を代表する世界的な建築家でありデザイナー。その活動は建築から家具、ガラス食器、絵画と多岐にわたる。家具はフィンランドの家具メーカー『Artek(アルテック)』で現在も販売されている。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
アアルトは、パイミオチェアはマルセル・ブロイヤーのワシリーチェアに着想を得て製作したと語っていますにゃ。その後、今度はチャールズ&レイ・イームズがアアルトの成形合板技術を利用して家具の開発を進めることになるんですにゃあ!

 

▼チャールズ&レイ・イームズはこちらで紹介してます!▼

チャールズ&レイ・イームズ
チャールズ・イームズとは?代表的な家具と歴史を画像で解説【ミッドセンチュリー・前編】この記事ではミッドセンチュリーのデザイナー「チャールズ・イームズ」についてわかりやすく解説しています。代表的な家具と特徴、チャールズ&レイ・イームズの歴史を画像で紹介。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑪『ZIG-ZAG(ジグザグチェア)』(1934年)

ジグザグチェア ZIGZAG出典:Kirkland museum

 

オランダの建築家、デザイナーであるヘリット・トーマス・リートフェルトの『RED AND BLUE』に次ぐ代表作品といえば、直線的な木の板だけで構成された『ZIG-ZAG(ジグザグチェア)』です。

 

製作当時はスチール材を曲げ加工していたのですが、その後イタリアの優れた木工技術により、4枚板の組継ぎを隅木(すみぎ)で補強する手法を用いたこの椅子は、一切金属のジョイント類を使用せずに作られています

ジグザグチェア ZIGZAG出典:Мебель и проекты

▲ジグザグチェアにはレッド、ブルー、イエローなどのモンドリアンカラーのカラーバリエーションが揃えられている。

 

繊細な美しいデザインからは想像もできない頑丈さと、座り心地の良さを兼ね備えたリートフェルトの傑作は、シンプルなデザインゆえにどのようなインテリア空間にも持ち込みやすくなっています。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
見た目とは違って、とっても頑丈に作られているにゃ!どこかで見かけたら、是非腰掛けてみてほしいですにゃあ〜

 

▼へリット・トーマス・リートフェルトはこちらでご紹介!▼

デ・ステイル
デ・ステイルとは?代表的なメンバーと家具や建築の特徴を画像で解説この記事ではデ・ステイルの建築と家具、インテリアについてわかりやすく解説しています。ピエト・モンドリアン、トーマス・リートフェルトについて覚えましょう。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑫『The Eva Chair(エヴァチェア)』(1935年)

Eva chair Bruno mattson出典:HOPP HOME

 

The Eva Chairとは、スウェーデンの家具デザイナー、建築家のブルーノ・マットソン(1907-1988)が1935年に発表した木製の椅子です。

 

肘掛けやフレームには成型合板が使用されていて、なんとも美しい曲線が形作られています。

また座面と背もたれにはリネン(麻)のベルトが編み込まれていて、座った時に適度な弾力を感じる事が出来ます。

The Eva chair spa出典:Design Stories

▲スウェーデンのスパに設置されている『The Eva Chair』

ラウンジ チェア Pernilla出典:MALEFOR

▲1934年に発表されたラウンジチェア『Prnilla』も彼の代表作である。『The Eva Chair』とデザインが似ているが、より休息性が高く、オットマンを組み合わせることができるようになっている。

 

ブルーノ・マットソンとは、1907年にスウェーデンで5代続く家具工場の息子として生まれ、家具職人として椅子の安楽性について自らの工房を作って研究を行った人物です。

 

研究は1931年から始められ、当時ブームとなっていた機能主義に影響をされながら人間工学に基づいた美しいフォルムを築き上げることに成功しました。

ブルーノ・マットソン出典:Wikimedia commons

▲ブルーノ・マットソンの椅子は、その座り心地の良さはもちろん、木の温もりを感じられるシンプルなフォルムや、機能性も重視したデザインで瞬く間に人気となった。

 

1935年に発表された『The Eva Chair』はブルーノ・マットソンの代表作となり、現代でも世界中の人々から愛される椅子として知られています。

1974年に来日して日本でも活躍したマットソンは、1974年に「スカンジナビアデザイン賞」を受賞、1981年にはスウェーデン政府より「プロフェッサー」の称号が授与されました。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
ブルーノ・マットソンがデザインした家具は、スウェディッシュ・モダンの傑作として憧れの的となっているんですにゃ!

 

▼スカンジナビアンデザインはこちらでご紹介!▼

サークルチェア PPMObler ウェグナー
北欧デザインのインテリアの特徴とは?ハンス・J・ウェグナーの椅子も画像で解説この記事では北欧デザイン、スカンジナビアンデザインについてわかりやすく解説しています。代表的な家具デザイナーハンス・J・ウェグナーの人物像や代表的なプロダクトについて画像でわかりやすく解説しています。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

⑬『Landi Chair(ランディチェア)』(1938年)

ランディチェア出典:Vitra

 

Landi Chair(ランディチェア)とは、スイスのデザイナーであるハンス・コレーが1938年に発表したアルミニウム製の椅子です。

 

ランディチェアはハンス・コレー自身初の大量生産可能な家具で、1939年にチューリッヒで開かれたスイス国際博覧会のためにデザインされ、博覧会の名前「ランデスアウスシュテルング」に因んで「ランディチェア」と名付けられました。

ハンス・コレー出典:Vertigo home

▲ハンス・コレー(1906-1991)は、生涯を通じて、機能性とシンプルさを追求したデザイナー。 1950年代以降は主に画家、彫刻家としても活躍し、プロダクトデザインだけでなく、アートや建築においても多くの作品を残した。

 

ランディチェアの座面と脚部には、当時まだ珍しかったアルミニウムが使用されていて、座面と背もたれに空けられた91ヶ所の穴によって、驚くほど軽量に設計されています。

また、座面に穴が開いていることで雨水がたまらないという利点もあります。

ランディチェア ハンス・コレー出典:H.L.D

▲ランディチェアにはアルミの酸化を防ぐためにアルマイト加工が施されていて、耐久性の高さからアウトドアでも使用することができる。また最大6脚のスタッキングが可能。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
このアルミの軽量化のために施された穴あけ加工のアイディアは、その後のさまざまなプロダクトデザインにも影響を与えて、ランディチェアは「アウトドアチェアの原点」と呼ばれて評価されていますにゃ♪

 

 

お疲れ様でした。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

わからないことや分かりにくい箇所があれば、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。

 

次回もお楽しみに!

 

ナンタルカ
ナンタルカ
いつもありがとうございますにゃ。お気に召しましたら、お好きな広告をクリック(タップ)して見てもらえると励みになりますにゃあ〜♪

 

▼次回、デザイナーズチェアの中編はこちらから▼

Yチェア ウィッシュボーン
デザイナーズチェアとは?最も有名な歴史的名作45選【中編】この記事ではデザイナーズチェアについて画像で解説しています。チャールズ・イームズ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、ジオ・ポンティ、柳宗理、エーロ・サーリネン、ハリー・ベルトイアの特に覚えておきたいデザイナーズチェアの名作について覚えましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強にも最適です。...