NEW POST

【書院造のインテリア】書院造や床の間の特徴、寝殿造との違いも画像で解説

書院造 慈照寺 東求堂同仁斎

こんにちは、しけたむです。

この記事では

  • 「書院造って聞いたことはあるけど、説明はできない。」
  • 「床の間や和室について詳しくなりたい。」

という方に向けて

分かりやすく画像付きで解説していきます。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
鎌倉〜室町時代のインテリアも文字だけ見てもわかりにくいにゃ!画像を見ながら確認していくにゃー

 

 

書院造って何? 〜寝殿造との違い〜

書院造出典:Pinterest /慈照寺 東求堂 同仁斎

 

鎌倉時代から安土桃山時代にかけて、支配階級が貴族から武士へと変化すると建物の様式も貴族の住まいである寝殿造から書院造(しょいんづくり)へと変化していきました。

『書院造』とは

室町時代から安土桃山時代ごろにかけて大成した「日本の古典的な住宅形式」の一つです。

武士たちを中心とした住宅形式で、平安時代の貴族の住宅形式だった寝殿造から発展して、日常の生活機能を充足するために変化や改良が加えられものです。

 

▼平安時代の用語についてのおさらいは、こちらからどうぞ!▼

平安時代 寝殿造 
【寝殿造のインテリア】平安時代の文化や寝殿造の特徴はこれだけ読めばOKこの記事では寝殿造のインテリアついてわかりやすく解説しています。 寝殿造の特徴としつらいについて正しく理解しましょう。また、座臥具、屏障具、収納具など様々な単語が登場しますので、画像を見ながら学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

ナンタルカ
ナンタルカ
まずはざっくりと、寝殿造が書院造に変化して何が変わったのかを押さえますにゃ!

 

寝殿造から書院造へのアップデート内容

 

  • 建物の一体化:対屋を寝殿と一体化して同じ建物としました。渡殿(わたどの:寝殿と他の建物をつなぐ廊下)を撤去し、寝室への移動が容易となりました。

 

  • 間仕切り壁の追加障子をご利用頂けるようになりました。屏障具だけでは寒いというご意見に対応しました。雨戸なども設置しました。

 

  • 調度品の造り付けに対応:置き型だった調度品を建物内に固定化しました。しつらえの手間を緩和しました。

 

  • 板の間から座敷へグレードアップ畳敷きのお部屋をご用意しました。ごゆっくりお寛ぎ下さい。

 

 

そもそも「書院」という言葉は書斎のある居間という意味です。

書院造は平安時代の貴族の住宅様式「寝殿造」をもとに、鎌倉時代に入ると武家造(ぶけづくり)と呼ばれる武士のための簡素な住まいに変化しました。

武家造は、鎌倉時代後期になると「書斎のある居間」を持つ武士の住まいとして、書院造に発展を見せます。

書院造 武家造 書院造出典:田辺泰「日本住宅発達系統図」

▲変形寝殿造は覚えなくて良い。寝殿造→武家造→書院造と言う流れだけ頭に入れよう

 

書院造が武士の住まいとして発展した理由は、武士が貴族に代わって勢力を持ったことと、武士が勢力を拡大する上で重要な仕事のひとつである争いごとの調停や交渉活動を書斎のある居間、つまり「書院」で行っていたことによります。

ハレ(晴)とケ(褻)

武士が交渉活動を行う公的な(パブリックな)空間ハレ(晴)の場と呼ばれ、「書斎のある居間」として武士の住まいに広く設けられた。

対照的に、日常生活が営まれる私的な(プライベートな)空間ケ(褻)の場と呼ばれ、ハレの場と区別された。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
今の時代もハレは『晴れ舞台』とか『晴れ着』って使われるにゃ!光と影、陰陽のようにケ(褻)は「けがれる」という意味としてハレとは対照的に使われているのですにゃー

 

 

寝殿造から書院造への変換期に「集を行う会所(かいしょ)と呼びました。

会所 書院出典:江戸小紋空間デザイン

▲会所は「居間」であるため、日常生活が営まれる「ケの場」としても、交渉活動などを行う「ハレの場」としても使われた。

 

会所には人が集まったり、接客を行う場所なので、客人をもてなすために(見せびらかすために)工芸品や調度品などの美術品で飾られました。

時代を経てそれらが発展して装置化し、「書院(付書院)」「床の間」「棚」を基本とする座敷飾り(後述)となり、会所が「書院」と呼ばれるようになったのです。

 

 

また寝殿造のコンセプトは「自然との調和」という華やかなものでしたが、書院造では庭園に池を作って楽しむということは無くなり、かなり質素なものとなりました。

 

この時代に誕生したのが枯山水(かれさんすい)という水のない日本庭園様式です。

龍安寺の石庭出典:あばうと京都/龍安寺方丈庭園

▲京都の『龍安寺』にある枯山水の庭園

 

ナンタルカ
ナンタルカ
寝殿造の床は板の間で、畳の上に座りたければどこからか持ってこないといけなかったにゃ!でも書院造の初期に部屋の周りだけにぐるっと畳を置く追い回しで敷かれてたのが、鎌倉時代ごろにはだんだん部屋全部に畳が敷き込まれるようになったんにゃ。これが座敷にゃ!

 

畳 追い回し出典:国立国会図書館

▲部屋の周りに畳を置いた『追い回し』。畳は板の間の上に直接置かれているだけ。

 

書院造の構成要素とは

出典:大和ハウス工業/知っておきたい和室用語

▲一般的な座敷飾り。飾られた置物だけではなく、作り付けられた床や棚のことも指すので注意。

 

書院造は床の間書院と呼ばれる机などで構成されています。

 

これら床の間やその周囲の棚、書院などに加えて、床の間に飾られた掛け軸燭台花瓶などを総称して座敷飾り(ざしきかざり)と呼ばれます。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
「座敷飾り」という言葉は現代にも残っているから、なんとなくイメージはしやすいと思いますにゃ。画像で確認しながら覚えていきますにゃあ〜

 

書院造はまずこの座敷飾りを覚えよう!

床の間(とこのま)

床の間出典:小学館/日本大百科全書(ニッポニカ)

 

日本人なら誰もが一度は見たことがあるであろう床の間(とこのま)

床の間とは、座敷の壁面に設けられた絵画や生け花を観賞するための場所で、床(ゆか)を一段高くして、正面の壁には掛軸を掛け、床(とこ)の上に花瓶・置物などを飾ります。

 

ちなみに「床の間」という呼び方はじつは俗称で、正しい呼び方は「床(とこ)になります。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
ちなみに、この床の間が設置されている壁面の方角が『部屋の正面』となるんですにゃ!

 

床の間にも様々な形式やデザインの違いはありますが、基本的な床の間は畳が敷いてある高さより床框(とこがまち)」の高さだけ1段高くしています。


出典:ゲイナンハウス

▲赤い丸で囲われた部分が床框。床框が無く、一段高くしていないフラットな床は『踏み込み床』と呼ばれる。

 

1段高くなったところは床板(とこいた)という木の板を敷いたり、畳を敷くこともあります。

このように、床の間に敷く畳を床畳(とこだたみ)といいます。

畳床 床の間出典:島内たたみ店

▲床の間に敷かれた床畳

 

また、下のイラストのような

「床框を付けて床を高くし、床には『床畳』を敷く。上部には『落掛(おとしがけ)』を。床柱は角材を用い、床の脇に『違い棚』『付書院』を備える。」

とした床の間を、もともと本来の床の間形式であるという意味から本床(ほんどこ)といいます。

本床出典:大和ハウス

 

本床は、もともとは禅宗の座臥具(ざがぐ)であった置き畳から派生してます。

 

▼禅宗については次回記事で解説しています▼

禅 ZEN 枯山水
【禅宗文化のインテリア】禅宗とは?教えや特徴を分かりやすく画像で解説この記事では禅宗文化に関わる用語についてわかりやすく解説しています。禅宗文化は聞き慣れなかったり、混同しがちな用語が多いので注意しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

座臥具とは座る時に使う道具のことで、置き畳や円座、倚子がこれにあたります。

 

▼座臥具についてはこちらで解説しています▼

平安時代 寝殿造 
【寝殿造のインテリア】平安時代の文化や寝殿造の特徴はこれだけ読めばOKこの記事では寝殿造のインテリアついてわかりやすく解説しています。 寝殿造の特徴としつらいについて正しく理解しましょう。また、座臥具、屏障具、収納具など様々な単語が登場しますので、画像を見ながら学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

ナンタルカ
ナンタルカ
座臥具に対して「臥具(がぐ)」という言葉は寝るときに使う道具のことで、布団や枕のことを指すにゃ!似ている言葉だから注意ですにゃあ

 

まだ床の間がない時代には、和室の正面の壁には禅宗の影響から仏画などが掛けられていて、その前に三具足(みつぐそく)と呼ばれる礼拝用の3点セットを置いて礼拝していました。

礼拝用3点セットは、花瓶(※)』と『香炉(こうろ)』と『燭台(しょくだい)です。

(※正確には華瓶(けびょう)と呼ばれます。)

押板と三具足出典:精選版 日本国語大辞典 

▲仏画の前に置かれた三具足と押板

 

この3点セットを置いていた卓(前机)押板(おしいた)です。

三具足を押板の上に置いて行われていた礼拝は次第に慣習化され

「じゃあもっと礼拝しやすいようにしっかり作ろうや」

となり、造り付けの床の間へ変化してゆきました。

 

このような禅宗で用いられた押板から派生した造り付けの床を押板床(おしいたどこ)といいます。

三具足 押板床出典:国立国会図書館

〔上〕壁に掛けた仏画の前に置いた卓(前机)が床の間の起源。卓の上には三具足(香炉、花瓶、燭台)を置いた。〔下〕やがて卓が造り付けの床(押板)になる。『慕帰絵詞』(部分)

 

このような押板床は最も古い床の形式ですが、江戸時代以降は用いられなくなり、逆に畳床を使用した本床が江戸時代の座敷で普及されるようになります。

 

違い棚(ちがいだな)

 

違い棚出典:小学館 デジタル大辞泉

 

違い棚とは2枚の棚板を左右から互い違いに吊った棚で、カジュアルな物置では無く、茶碗などの美術品や工芸品を飾るようなディスプレイ用の棚として用いられ、上段と下段では置くものまで決められていました。

 

江戸時代になると客人の好みに合わせて、違い棚に置き物を乗せ替えることもあったそうです。

また、2枚の棚板を上下でつないでいる束(つか)は海老束(えびづか)と呼ばれています。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
海老束は雛束(ひなづか)ともいうにゃ!海老束のデザインは棒みたいなカタチだったり、板みたいなカタチだったり、いろーんなデザインがありますにゃ!

 

付書院(つけしょいん)

付書院 出文机出典:ノスタルジックジャパン

▲床の間の横に設けられた付書院は、出文机(だしふづくえ)が原型とされる

 

付書院(つけしょいん)とは、床の間の側面に外側へ張り出した部分を設け、明かり障子とその下にをつけて机のように作った場所のこと。

板の下には収納が設けられることもあり、硯(すずり)・筆・文鎮などの文房具が収納されました。

 

付書院の起源は、鎌倉時代に「書院」と呼ばれた「寺院の居間兼書斎」に付設するように張り出して設置されていた「読み書きをする場所」です。

この書院から張り出して設置された「読み書きをする場所」には机が置かれ、出文机(いだしふづくえ/だしふづくえ)と呼ばれました。

書院出典:精選版 日本国語大辞典

▲書院から張り出すようにして設けられていた『出文机』

 

「書院に付設された出文机」は時代の流れとともに、ただの「書院」と略して呼ばれるようになります。

これでは「居間」という意味の「書院」という言葉と混同してややこしいので、付書院(つけしょいん)という言葉に改められ、書院造の座敷飾りのひとつとなりました。

 

ちなみに付書院の壁が外側に張り出しておらず、が付いていない付書院のことを

平書院(ひらしょいん)」といいます

平書院

出典:精選版 日本国語大辞典/平書院

▲明かり障子のみが取り付けられていて、机が無い平書院

 

「付書院」と「平書院」を総称して「書院」と呼びます。

「書院」と言う言葉はややこしいですが、

書斎のある居間

■座敷飾りの構成要素「付書院」や「平書院」の総称としての意味

座敷飾りを備えた部屋や建物自体のこと

という意味があります。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
付書院は『書院床(しょいんどこ)』とか、『書院棚(しょいんだな)』などの呼び方もありますにゃ!

 

京都市左京区にある銀閣寺として有名な慈照寺(じしょうじ)は、最古の座敷飾りを持つ部屋「同仁斎(どうじんさい)」のある『東求堂(とうぐどう)』と、銀閣と呼ばれる『観音堂(かんのんどう)』から成っています。

慈照寺 銀閣寺 東求堂
出典:Fraxinus2 

▲京都にある『慈照寺』の地図。赤い部分が銀閣と呼ばれる『観音堂』で、5の場所が『東求堂』

 

東求堂にある同仁斎(どうじんさい)という4畳半の書院は、付書院や違い棚の座敷飾りのある最古の部屋と言われてます。

書院造出典:Pinterest /慈照寺 東求堂 同仁斎

▲慈照寺『東求堂同仁斎』の書院

 

東求堂同仁斎(とうぐどうどうじんさい)出典:LINEトラベル /東求堂同仁斎

▲1486年に建立された東求堂は書院造の源流となっている

 

帳台構(ちょうだいがまえ)

名古屋城 折り上げ格天井出典:フトコロタイムズ

▲名古屋城本丸御殿にある帳台構(写真右)

 

一般的に床の間から向かって右側に設置された扉の座敷飾りを帳台構(ちょうだいがまえ)といい、納戸構え(なんどがまえ)とも言われます。

 

帳台構えはもとは寝殿造に起源を持つ設備で、寝殿造におけるベッドルームである塗籠(ぬりごめ)への入り口が装飾化されたものです。

帳台構え出典:Wikimedia Commons

▲名古屋城本丸御殿にある帳台構を正面から

 

帳台構えは敷居を畳より一段上げ鴨居を長押より一段低く設けた区画に、美しい装飾が施された4枚の襖絵を入れます。

中央の二枚は左右に引き分けることができますが、外側の二枚は嵌(は)め殺しとなっていて、開きません。

帳台構え 二条城出典:世界遺産 元離宮二条城

▲かなり大規模な書院造にしか帳台構えはみられなかった『二条城二の丸御殿』

 

このような大きな広間では、身分の違いを表すために偉い人が座っている場所は1段高くなっています。

この1段高くなった間を上段(じょうだん)の間といい、頂戴構はこの上段の間に設置されています。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
この帳台構の中に警備の武者が隠れて屋敷の主人を守っていることもあったんにゃ!だから帳台構は武者隠しとも言われたんにゃー

 

書院造の建具

 

書院造では各種の建具が建て付けとなり、寝殿造で用いられた蔀戸(しとみど)に代わって、平安時代後期からは遣戸(やりど)という板付きの引き戸が用いられるようになりました。

 

▼覚えていますか?蔀戸(しとみど)▼

平安時代 寝殿造 
【寝殿造のインテリア】平安時代の文化や寝殿造の特徴はこれだけ読めばOKこの記事では寝殿造のインテリアついてわかりやすく解説しています。 寝殿造の特徴としつらいについて正しく理解しましょう。また、座臥具、屏障具、収納具など様々な単語が登場しますので、画像を見ながら学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

鎌倉時代後期に入ると、遣戸が発達して引き違い戸(違い遣戸ともいう)が見られるようになりました。

明かり障子も鎌倉から南北朝時代に盛んに用いられており、書院造の代表的な建具です。

 

また、桃山時代に入ると建物の外周には、現代でも馴染みのある雨戸(あまど)が登場します。

 

遣戸(やりど)

 

遣戸とは「左右に開閉する板張りの引き戸の総称」のことです。

初めて登場したのは平安時代に遡りますが、室町時代以降は書院造に多用されます。

引き違いの遣戸のことは違い遣戸(ちがいやりど)とも呼ばれました。

 

遣戸に横桟を等間隔で並べて取り付けた遣戸は「舞良戸(まいらど)」と呼ばれます。

 

舞良戸(まいらど)出典:精選版 日本国語大辞典 

 

舞良戸(まいらど)

舞良戸出典:journographie

▲高野山金剛峰寺にある舞良戸(写真右)

 

舞良戸とは、書院造の建具で遣戸の1種です

 

戸の表裏に桟(さん)と呼ばれる木材を、横に狭い間隔で取り付けて強度を出した遣り戸のこと。

舞良戸出典:精選版 日本国語大辞典 /舞良戸

 

ナンタルカ
ナンタルカ
もし舞良戸みたいに横桟が付いてなかったら、ただの板戸なんてネコパンチしたら綿板に大きな穴が開いちゃうんだにゃ!だから舞良戸は頑丈なんだにゃー

 

書院造の天井

 

現代では室内に天井を張っているのは当たり前のことですが、寝殿造では天井が張られていませんでした。

天井 寝殿造出典:北道倶楽部

▲寝殿造に平らな天井が張られたのは後期のこと。それまでは見上げると屋根を支えている「垂木(たるき)」や「桁(けた)」、「梁(はり)」が丸見え状態だった。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
書院造で登場した天井の様式を見ていきますにゃー

 

竿縁天井(さおぶちてんじょう)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

 

竿縁天井は、日本建築で最も一般的な天井の一種です。

 

部屋の天井の四隅にぐるりとめぐらせた「回り縁・廻り縁(まわりぶち)」「竿縁(さおぶち)」と呼ばれる細い横木を30−60cm間隔に渡し、竿縁の上に天井板を乗せます。

竿縁天井出典:木の店さんもく

▲壁の一番上に「回り縁」を四周回した上に竿縁を架けて、その上に天井板を載せている竿縁天井

 

茶室数寄屋造りでは、細い丸太や竹を竿縁として用いることもあります。

 

▼茶室のインテリアはこちらから!▼

千利休 茶室 インテリア
【茶室のインテリア】千利休の侘び茶の歴史、茶室の特徴について画像で解説この記事では千利休で有名な茶室のインテリアについてわかりやすく解説しています。 中国から茶が伝わり、村田珠光や武野紹鷗によって広められた歴史や、茶室で使用されるエレメントについて学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

▼数寄屋造りのインテリアはこちらから!▼

数寄屋造り 建物
【数寄屋造のインテリア】数寄屋造の代表的な特徴と書院造との違いを画像で解説この記事では数寄屋造りのインテリアについてわかりやすく解説しています。 数寄屋造りの特徴や代表的な建築から、数寄屋造りを構成する様々なエレメントについて学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

天井板に使用される樹種には木目の美しいが多く、屋久(やく)杉神代(じんだい)杉(宮崎県)、秋田杉などは特に美麗な木目で珍重されています。

 

格天井(ごうてんじょう)

格天井出典:茶室を学ぶ

 

格天井は、格子状に組んだ木の上に天井板を張った天井です。

高級な書院造りや社寺などの面積の広い空間で見られる天井で、一般住宅ではあまり見られません。

 

格天井は、格縁(ごうぶち)天井ともいわれます。

格天井 二条城出典:世界遺産 元離宮二条城

▲二条城二の丸御殿『黒書院三の間』には、煌びやかに装飾された格天井を見ることができる

 

格天井(ごうてんじょう)出典:オーカツの格天井

 

ちなみに上の写真で天井と建具の間にある装飾を欄間(らんま)といいます。

明かり取りとして、風の通り道として、お部屋で焚いたお香の香りを建物に行き渡らせるため、など様々な機能があります。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
建築やインテリアについていろいろ覚えたら、日本建築を実際に見に行って見るといいですにゃ!覚える前とは見方が変わって面白いにゃ!コーディネーターはいろいろな建物に興味を持つことが大事ですにゃあ〜

 

折上格天井(おりあげごうてんじょう)

名古屋城 折り上げ格天井出典:フトコロタイムズ/名古屋城本丸御殿

 

格天井の中央部を折り上げて、さらに1段高くした天井のこと。

天井の四周部分(天井と壁のつなぎ部分)が曲線上に折り上げられています。

 

名古屋城の本丸御殿二条城二の丸御殿のように絵画、装飾文様で飾られることもあります。

帳台構え 二条城出典:世界遺産 元離宮二条城

▲二条城二の丸御殿の天井。写真手前が格天井、写真奥が折り上げ格天井となっている。

 

木割(きわり)という設計手法

木割出典:Gooブログ/木割り

 

書院造での建築には木割(きわり)という設計手法が用いられました。

これは柱の見付け寸法(みつけ寸法)、つまり柱を正面から見たときの幅(長さ)を基準として、建築を構成する様々な寸法を決めていく設計手法です。

 

例えば

「廊下の幅は、柱8.5本分の寸法にしよう!」

→柱の太さが12cmなら、廊下の幅は 12cm×8.5本 で 102cm!!

「階段の1段の高さは、柱2本分の寸法で!

→柱の太さが11cmなら、階段の1段の高さは 11cm×2本 で 22cm!!

ということです。

 

柱の太さ、つまり見付け寸法が基準なので、それが何本分かというように設計を行います。

 

 

木割は現代のモデュラーコーディネーション(※)という設計手法に通じています。

※モデュラーコーディネーションとは

建築部材、設備から設計、施工などの建築生産の全体にわたり、基本単位となる寸法の基準(モデュール・モジュール)を決めて、構造材・家具・設備などがモデュールで割り付けられた位置に納まるようにすること。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
モデュラーコーディネーションは寸法を決めるときに、何かのサイズを基準にして決めることだにゃ!分かりやすいのはにゃ!5畳とか、6.5畳とか、畳のサイズを基準にして寸法を決めていくことを畳割(たたみわり)といいますにゃー

 

▼畳割りはこちらの記事で紹介しています!▼

畳の種類と敷き方
【近世のインテリア①】柱割と畳割とは?畳の大きさや敷き方も画像でスピード解説この記事では日本の民家の歴史とインテリアについてわかりやすく解説しています。 庶民の住まいである民家について中世以降からの変換と民家の形式について学習しましょう。インテリアコーディネーター、建築士などの資格勉強、歴史の勉強にも最適。ぜひご活用下さい。...

 

ナンタルカのまとめ

ナンタルカのまとめ

 

ナンタルカ
ナンタルカ
今回の記事で絶対におさえておきたいポイントですにゃ!

 

まとめ小テスト

 

■書院造の構成要素とは

(1)書院とは、座敷の壁面に設けられた絵画や生け花を観賞するための場所である(①)と、2枚の棚板を左右から互い違いに吊った棚(②)、座敷から外へ張り出した部分を設けて机のように作った(③)などを総称した(④)を備えた部屋や建物のことで、書院を中心に構成された住宅様式を『(⑤)』という。

回答を見る
①床の間(床) ②違い棚 ③書院(付書院) ④座敷飾り ⑤書院造

 

(2)銀閣寺として有名な(①)にある(②)が日本最古の書院造といわれ、国宝に指定されている。

回答を見る
①慈照寺 ②東求堂同仁斎

 

■書院造の建具

書院造では各種建具が建て付けとなり、平安時代の後期からは板張りの引き戸の総称である(①)が用いられる様になり、細い横桟を入れて頑丈にした(②)などが生まれた。

回答を見る
①遣戸 ②舞良戸 

 

■書院造の天井

部屋の天井の四隅にぐるりとめぐらせた「回り縁・廻り縁」に「(①)」と呼ばれる細い横木を30−60cm間隔に渡して天井板を乗せたのが「(①)天井」である。

格子状に組んだ木の上に天井板を張った(②)天井や、中央部を折り上げてさらに1段高くした()天井は、格式の高い書院造で使用された。

回答を見る
①竿縁 ②格 ③折上格