NEW POST

倉俣史朗とは?世界的デザイナーの経歴と椅子や照明の代表作品を画像で解説

ハウ・ハイ・ザ・ムーン

こんにちは、しけたむです。

この記事では

  • 「中田英寿が購入した、椅子の中に薔薇の花が埋め込まれた椅子について知りたい。」
  • 「ちょっと変わったデザインの家具に興味がある。」

とお考えの皆様に向けて、

世界で活躍した有名な日本のモダンデザイナー倉俣史朗を画像で解説します。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
日本を代表する世界の有名デザイナーシリーズ・最終編ですにゃ!倉俣史朗はこの記事の内容だけ知っていれば、ばっちりプロとして語ることが出来ますにゃあ〜

 

 

倉俣史朗(くらまたしろう)

倉俣史朗 出典:Pinterest

 

倉俣史朗(くらまたしろう)(1934年 – 1991年)は日本のインテリアデザイナーで、空間デザイン、家具デザインの分野でエキセントリックな作品を次々に発表して世界を驚かせた人物です。

 

1934年に東京で生まれた倉俣史朗は、22歳で東京都渋谷区にあるデザイン専門学校桑沢デザイン研究所」リビングデザイン科を卒業しました。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
イタリアの建築家ジオ・ポンティが創刊した建築・インテリア雑誌『Domus(ドムス)』の愛読者で、「この雑誌に載せてもらえるようなデザインをつくるぞー!」って、若き日の倉俣史朗は燃えていたんですにゃあ!

 

1957年からは株式会社三愛の宣伝課で店舗設計やショーケース、ウインドウディスプレイの仕事に携わり、1964年からは株式会社松屋インテリアデザイン室に嘱託として籍を置いて活動した倉俣史朗。

 

翌年、31歳になった倉俣史朗は念願の個人事務所「クラマタデザイン事務所」を設立し、1967年頃からグラフィックデザイナー横尾忠則(よこおただのり)とのコラボレーションした内装などで、倉俣は時代の寵児(ちょうじ)として注目を浴びはじめます。

倉俣史朗 横尾忠則出典:小宮山書店

▲2人の親交は生涯続き、倉俣史朗亡き後の1996年に催された展示会「倉俣史朗の世界」のポスターは横尾忠則が作成している

 

1969年、35歳になった倉俣史朗はなんと自らの作品を持って憧れだったイタリアのジオ・ポンティに直接会いに行き、ドムス誌に掲載してもらえるようお願いをしました。

ジオ・ポンティ出典:ELLE

▲建築・インテリア雑誌『Domus (ドムス)』の創刊者であり初代編集長のジオ・ポンティ

 

▼ジオ・ポンティはこちらで紹介しています▼

ヴィコ・マジストレッティ アールト
ジオ・ポンティとヴィコ・マジストレッティとは?椅子と照明の代表作を画像で確認この記事ではイタリアンモダンデザインで外せないジオ・ポンティとヴィコ・マジストレッティについてわかりやすく解説しています。それぞれの生い立ちから代表的な作品について分かりやすく画像で理解していきましょう。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

ジオ・ポンティは当時まだ若かった倉俣史朗に会い、彼の作品に感動し褒め称えました。

掲載の話はとんとん拍子で進み、翌年の1970年に念願だったドムス誌に掲載され、その後も幾度となくドムス誌で紹介されています。

倉俣史朗 ドムス出典:domusweb

▲ドムスに掲載された倉俣史朗がデザインした紳士服メーカー「エドワーズ」のショールーム(1970年)

 

1970年、日本万博博覧会(EXPO’70) に参加した倉俣史朗は、変形の家具などユニークな収納家具を多く発表しました。

変形の家具 倉俣史朗出典:Wright

▲アクリル樹脂で作られた引き出し収納「変形の家具/Furniture in Irregular Forms」(1970年)

 

倉俣史朗 Revolving Cabineto出典:ikarus

▲同じくアクリル樹脂で作られた回転型収納『Revolving Cabinet』(1970年)

 

Glass chair(硝子の椅子)

倉俣史朗 硝子の椅子 Glass chair出典:Pinterest

 

Glass chair(硝子の椅子)とは倉俣史朗が1976年に発表した、全てガラスのみで構成されたチェアです。

 

当時、ガラス同士の接着方法はまだまだ限られていて、乳白色をしたシリコン樹脂で接着するくらいしか方法がなく、美しい仕上がりにすることは出来ませんでした。

そんな中、新しい接着技術(UV硬化型接着剤)が開発されて、接着面に接着剤が見えない美しい仕上がりが可能になったのです。

硝子の椅子 倉俣史朗出典:名作家具とデザインの話

▲UV硬化型接着剤は、塗布した接着剤に紫外線をあてることにより硬化する接着剤。限定40脚制作された硝子の椅子は、富山県美術館や大阪の国立国際美術館に所蔵されている。

 

倉俣史朗の良い意味でぶっ飛んだデザインを支えてきたのは、ガラス・アクリルの職人である東京・西麻布にある『三保谷(みほや)硝子店』(創業明治42年)の3代目「三保谷友彦(みほや ともひこ)」でした。

倉俣史朗 三保谷硝子出典:淵上正幸の日々建築漬け

▲倉俣史朗に出会ってガラス職人の三代目として生きていくことを決めた三保谷友彦は、倉俣史朗のことを親分と崇めて慕っていた

 

1960年代末に出会った三保谷のサポート無くして、硝子の椅子の完成はもちろん倉俣史朗が追い求めたデザインの実現はありえませんでした。

三保谷硝子店はその後も倉俣史朗を支え続け、現在もガラスという素材の可能性を追求し、建築、インテリア、アートなど幅広い分野のトップクリエイターのものづくりをサポートしています。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
新型の接着剤が完成したことを三保谷さんから聞いた倉俣史朗は、たったの30分ほどで硝子の椅子のデザインスケッチを書き上げてしまったんだにゃ。でも座るのも動かすのも怖いチェアですにゃあ〜

 

K-SERIES(オバQ)

K-SERIES オバQ出典:design shop

 

K-SERIES(ケーシリーズ)は、1972年に倉俣史朗によってデザインされた特徴的なデザインの照明でオバQという愛称で親しまれています。

 

藤子不二雄による国民的アニメ「オバケのQ太郎」のオバQを彷彿とさせるそのデザインは、ハンカチをつまんだようなドレープ(布をたらしたときに出る、ゆるやかなたるみ)を持った乳白色のアクリルで作られています。

オバQ 倉俣史朗出典:METROCROS

▲ハンカチと同じ大きさからソファの隣に置けるものまでサイズは全部で3種類

 

正方形のアクリル板を照明の支柱にかぶせて、4人の職人が四方から囲んでドレープを整え空気を吹き付けて冷やして固定させるという製法も、硝子職人三保谷さんの協力によるものです。

オバQ ハンカチ 倉俣史朗出典:CASABRUTUS

▲2016年に販売開始したハンカチサイズは、ハンカチを手にK-seriesのデザインを語る倉俣史朗本人を撮影したこのスナップ写真を元に再現されたもの

 

アクリル板をドレープ状に整える作業には、現在でも倉俣史朗の息子である倉俣一郎氏がわざわざ立ち会っているほどのこだわりぶり。

 

現在は照明メーカーYamagiwa(ヤマギワ)より販売されています。

 

 

1981年、47歳となっていた倉俣史朗はイタリアの建築家「エットレ・ソットサス」から多国籍デザイナー集団であるメンフィスの創設メンバーに招待されました。

エットレ・ソットサス出典:mohd

▲倉俣史朗をメンフィスに招待したイタリア人建築家「エットレ・ソットサス」は、ジオ・ポンティらと戦後イタリアンデザインの評価を高めた人物の1人。

 

メンフィス エットレ・ソットサス出典:Wikimedia commons

▲ソットサスの結成したメンフィスのデザインコレクション。イタリアを中心に世界の建築やデザイン業界に大きな影響を及ぼしたが、同時に「装飾的で奇抜過ぎ」という批判を浴びて、ソットサスが建築の仕事で忙しくなったこともあり、1988年に解散した。

 

▼ポストモダンデザイナー集団「メンフィス」はこちらから▼

メンフィス ポストモダン 倉俣史朗
ポストモダンとはどんな意味?代表的な建築や特徴をわかりやすく画像で解説この記事ではポストモダンの特徴や代表的な建築、デザイナーについてわかりやすく解説しています。また、20世紀後半に活躍した家具デザイナーについても分かりやすく画像で理解していきましょう。インテリアコーディネーターや建築士資格の復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

 

倉俣史朗の他には、建築家でありデザイナーの磯崎新(いそざきあらた)もメンフィスに招待されていて、1981年9月の世界の家具デザインの祭典『ミラノ・サローネ』でそれぞれ出展を行い、高い評価を受けて世界に衝撃を与えました。

Ritz table kuramata siro出典:Pinterest

▲倉俣史朗がメンフィスの展示会で発表した『Ritz desk』(1981)は、デスク天板にタモ材が使用され、日本の伝統工芸である漆塗りが施されている。デスク状には収納が付属され、開閉が可能。

 

▼メンフィスに所属していた磯崎新はこちらから▼

丹下健三 
【昭和〜現代のインテリア③】高度経済成長期を支えた建築家と代表作品を画像で解説この記事では昭和初期から高度経済成長期に活躍した建築家についてわかりやすく解説しています。昭和を代表する偉大な建築家と彼らの代表的な作品について学習しましょう。...

 

80年代は倉俣史朗の全盛期とも呼べる時代、工場で大量に廃棄されていたガラスの破片を人工大理石に混ぜたスターピースと呼ばれる新素材を開発したり、

スターピース 倉俣史朗出典:SOMEWHERE

▲誰もがどこかで見たことがあるような素材の「スターピース」は家具や雑貨など幅広い用途で使用されている。倉俣史朗が開発したことはほとんど知られていない。

 

メンフィス KYOTO 倉俣史朗出典:MEMPHIS

▲倉俣史朗がメンフィスのコレクションとして、スターピースを使用してデザインしたテーブル『KYOTO』(1983年)

 

またエキスパンドメタル(いわゆる金網材)を使ったハウ・ハイ・ザ・ムーンや、アクリル樹脂の中に薔薇の花を埋め込んだミス・ブランチといった最高傑作が生まれました。

 

How High the Moon(ハウ・ハイ・ザ・ムーン)

ハウ・ハイ・ザ・ムーン出典:Pen

 

How High the Moon(ハウ・ハイ・ザ・ムーン)は倉俣史朗が1986年に発表したスチールの薄板に切れ目を入れ引き伸ばしたエキスパンドメタルを使用した革新的な作品で、工業製品としての力強さと透明感のある繊細さを併せ持つ稀有な作品として、倉俣史朗の代表作となっています。

 

エキスパンドメタルという素材はあまり聞き慣れないかもしれませんが、建築業界では建築現場の足場や、よく見かけるものだと道路のフェンスなどに一般的に用いられる素材で、当時は家具の仕上げ材として使うなんてことは考えられていませんでした。(まあ、今でも常識的には使用しませんが、、、)

フェンス エキスパンドメタル出典:神鋼建材工業

▲道路脇にあるエキスパンドメタルで作られたフェンス

 

発表当時は、長崎県に本社をもつ内装工事会社「イシマル」と広島県の「寺田鉄工所」が製作し、1997年までは日本のインテリアショップIDEE(イデー)でも販売されてました。

 

海外ではスイスの家具メーカーVitra(ヴィトラ)も生産・販売を手がけていましたが2009年に生産が終了し、現在はクラマタデザイン事務所監修のもと「ギャラリー田村ジョー」により、復刻、再販されています。

How high the moon ハウ・ハイ・ザ・ムーン ソファ出典:ALL ABOUT

▲ハウ・ハイ・ザ・ムーンはソファもあり。倉俣の作品は家具というよりアートに近いものが多い。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
ハウ・ハイ・ザ・ムーンの座り心地は賛否両論にゃ。かっこいいけど自宅のリビングには置いたらおしりが痛くなりそうにゃあ〜

 

ミス・ブランチ

ミス・ブランチ出典:Architecturephoto

 

ミス・ブランチは1988年に発表されたチェアで、液体のアクリル樹脂の中に薔薇の造花を流し込むという、かつてない発想でデザインされたチェアです。

 

当時、文房具で有名な「コクヨ」でプロトタイプが作られ、その後倉俣の作品を多く手掛けてきた「イシマル」で製品化されましたが、全て手作りだったため56脚しか生産されず、200万円という価格で発売されました。

ミス・ブランチ 薔薇出典:建築とアートを巡る

▲薔薇を選ぶのも困難を極め、アクリルに色が移ってしまうなどなかなか思い通りには行かなかったが、何気なく選んだ安物の造花が一番しっくりきたのだそう。

 

かなりの高額となってしまったミス・ブランチでしたが、海外オークション『サザビーズ』では1000万以上の値がつき、ピーク時には5000万円を超えていたとも言われています。

現在ではニューヨーク近代美術館(MoMA)やヴィトラ・デザインミュージアム、サンフランシスコ近代美術館、パリ装飾美術館などの美術館に永久コレクションされていて、元サッカー日本代表『中田英寿(なかたひでとし)』も倉俣史朗の大ファンでミス・ブランチを購入、自宅に飾っているそうです。

 

ナンタルカ
ナンタルカ
ミス・ブランチもそうだけど倉俣史朗の作品は高額で、所有していること自体がステータスとなっているんにゃ!

 

アメリカの劇作家「テネシー・ウイリアムズ」の戯曲「欲望という名の電車」のヒロイン・ミス・ブランチ・デュボワが着ていたバラ模様の衣裳からインスピレーションを得てデザインされたチェア「ミス・ブランチ」は、「ハウ・ハイ・ザ・ムーン 」と並んで、倉俣史朗を語る上ではかかせない作品となりました。

 

あまりの独創性ゆえクラマタ・ショックという言葉まで誕生させた倉俣史朗は、1991年に急性心不全で亡くなった後も、その独創性と希有な存在からインテリア業界にとどまらず、あらゆるデザイナーや建築家にまで影響を与え続けています。

倉俣史朗出典:SCP

 

ナンタルカ
ナンタルカ
1988年に製作されたミス・ブランチの合計製作数は56脚、倉俣史朗さんが1991年に亡くなった年齢は56歳。これはなにか関係があるんですかにゃ?

 

ナンタルカのまとめ

ナンタルカのまとめ

 

ナンタルカ
ナンタルカ
今回の記事で絶対におさえておきたいポイントですにゃ!

 

まとめ小テスト

■倉俣史朗とは

倉俣史朗は日本のインテリアデザイナーで、空間デザイン、家具デザインの分野でエキセントリックな作品を次々に発表して世界を驚かせた人物で、イタリアの多国籍デザイナー集団(①)にも所属していたことでも有名。代表作には1976年に発表した全てガラスで構成されたチェア(②)、1986年に発表したスチールの薄板に切れ目を入れ引き伸ばしたエキスパンドメタルを使用した革新的な作品(③)、1988年に発表された液体のアクリル樹脂の中に薔薇の造花を流し込んだ(④)など個性的な作品が多い。

回答を見る
①メンフィス ②Glass chair(硝子の椅子) ③ハウ・ハイ・ザ・ムーン ④ミス・ブランチ

 

お疲れ様でした。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

分かりにくい点やお気づきのことがあれば、メールでご連絡頂けましたら幸いです。

 

では、次回もお楽しみに。

 

▼次回、ポストモダンの記事はこちらから!▼

メンフィス ポストモダン 倉俣史朗
ポストモダンとはどんな意味?代表的な建築や特徴をわかりやすく画像で解説この記事ではポストモダンの特徴や代表的な建築、デザイナーについてわかりやすく解説しています。また、20世紀後半に活躍した家具デザイナーについても分かりやすく画像で理解していきましょう。インテリアコーディネーターや建築士資格の復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...