NEW POST

【20世紀の動き(4)−2】北欧デザインの第一人者アルネ・ヤコブセンの家具について画像で解説します【世界のインテリアの歴史⑱】

セブンチェア

 

 

こんにちは、しけたむです。

 

 

この記事では

 

 

  • 「スカンジナビアンデザインが分かってきたけど、もっと知りたい。」
  • 「代表的な北欧家具デザイナーについて、もっと知りたい。」

 

 

という方々に向けて

 

世界のインテリアの歴史北欧編、北欧家具の第一人者である家具デザイナーのアルネ・ヤコブセンについて、分かりやすく画像つきでご紹介していきます。

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
前回の記事ではハンス・J・ウェグナーについて特集しましたが、今回は同じデンマークが生んだもうひとりの天才『アルネ・ヤコブセン』について詳しくなって頂きますにゃあ〜

 

 

 

 

 

 

アルネ・ヤコブセンとは?

アルネ・ヤコブセン出典:Rosendahi Design Icons

 

アルネ・イミール・ヤコブセン(1902年2月11日 – 1971年3月24日)はデンマークの建築家であり、デザイナーです。「デンマークデザインの父」と呼ばれ、今日のモダンな北欧デザインの原型を作り上げました。

 

 

アルネ・ヤコブセンの少年期〜青年期

 

 

アルネ・ヤコブセンは1902年にコペンハーゲンで生まれました。

 

コペンハーゲン デンマーク 地図出典:美術展ナビ

 

 

彼の父ヨハンは安全ピンやファスナーの卸売業者で、母親のパウリーンは銀行の出納係という、いたって平凡な家庭に育ちます。

 

 

 

 

ヤコブセンは最初は画家になることを望んでいましたが、両親からの反対を受けたため19歳で家出をし、客船の旅客係として働き始めましたが船酔いを克服できずにすぐに辞めてしまいました

アルネ・ヤコブセン 幼少期出典:ROOM

▲写真右端が若き日のアルネ・ヤコブセン。左端はデンマークの著名な建築家の『フレミング・ラッセン』とその兄『モーエンス・ラッセン』。2010年に彼らの孫たちが『by lassen(バイラッセン)というブランドをスタートさせた。

 

 

家出から戻ったヤコブセンに、母親は代わりに建築家の道を選ぶように勧めます。

 

 

 

 

また、その後ヤコブセンの友人であるフレミング・ラッセン(のちに有名な建築家になる)からも、絵の才能を活かせる建築の道を勧められ、1924年にデンマーク王立美術アカデミーの建築学科にしぶしぶ入学しました。

デンマーク王立芸術院 アカデミー

出典:Belringske

デンマーク王立美術アカデミーは1754年に創立されたデンマークの美術学校。絵画、彫刻、建築、写真、映像芸術の教育や研究が行われている。

 

 

デンマーク王立美術アカデミーの建築学校に入学したヤコブセンは、1924年から1927年まで、デンマークの著名な建築家であるカイ・フィスカーカイ・ゴットロープに師事し、学生でありながらも1925年のパリ万国博覧会のアールデコ博覧会に参加し、デンマーク・パヴィリオンでの椅子のデザインで銀メダルを獲得しました。

Paris chair出典:Bukowskis

▲1925年のパリ万国博覧会のデンマーク・パヴィリオンのためにデザインされた『Paris Chair』

 

 

 

また、ヤコブセンはパリ万国博覧会で出展されていた ル・コルビュジェのエスプリ・ヌーボー・パビリオンの先駆的な美学に感銘を受けました。

ル・コルビュジェ エスプリ・ヌーヴォー出典:Wikimedia Commons

▲1922年に発表したエスプリ・ヌーヴォー館は、集合住宅案の1ユニットだけを取り出して作った正方形に近いプランの住宅。1階にキッチン、ダイニング、書斎、2階にバス、トイレと客室、寝室があり、吹き抜けになっている広いリビングの大きな窓が印象的。

 

 

▼ヤコブセンが感銘を受けたル・コルビュジェはこちらの記事でご紹介▼

サヴォア邸
【20世紀の動き(2)−1】アール・デコと現代建築の巨匠『ル・コルビュジエ』【世界のインテリアの歴史⑬】この記事では1925年様式とも呼ばれる『アール・デコ』と現代建築の巨匠『ル・コルビュジエ』についてわかりやすく解説しています。アール・デコは代表的な建築のご紹介、ル・コルビュジェは彼の生い立ちから、代表的な建築や家具についても紹介しています。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

 

 

ヤコブセンはアカデミーを卒業する前にドイツにも旅行し、そこではミース・ファン・デル・ローエヴァルター・グロピウスの合理主義建築に出会いました。

 

 

 

 

彼らの建築作品はアカデミー卒業プロジェクトのデザインに大きな影響を与えたとヤコブセンは後に語り、結果、卒業プロジェクトで金メダルを受賞することとなりました。

 

 

▼覚えていますか?ミースとグロピウスの記事はこちら!▼

デ・ステイル
【20世紀の動き(1)】デ・ステイルとバウハウス【世界のインテリアの歴史⑫】この記事ではデ・ステイルとバウハウスについてわかりやすく解説しています。ピエト・モンドリアン 、ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ、マルセル・ブロイヤーなど巨匠が多く登場する記事です。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

 

アルネ・ヤコブセン、建築家として頭角を現す

 

 

 

1927年、ヤコブセンは建築学校を卒業した後、都市建築家のパウル・ホルセンの設計事務所へ入所し、ほどなくして婚約者のマリー・イストラップ・ホルムと結婚しました。

 

 

 

 

 

この前後で、マリーの紹介によりポール・ヘニングセン(後の偉大な照明デザイナー)と知り合います。

ルイス・ポールセン出典:Louis Poulsen

▲誰もが一度は目にしたことがある(はず)『PHランプシリーズ』を開発した世界的な照明デザイナー

 

 

未来の家

アルネ・ヤコブセン ラッセン出典:&Tradition

▲未来の家の前で寛ぐアルネ・ヤコブセン(右)とフレミング・ラッセン(左)

 

 

1929年、幼少からの友人で建築家となったフレミング・ラッセンと親交を続けていたヤコブセンは「二人でなにかやらないか?」という話で盛り上がり、ちょうどデンマーク建築家協会が「未来の家」というコンペを募集していました。

 

 

 

 

二人はさっそくこのコンペに応募すると、1929年のコペンハーゲン家具職人ギルド展で2人が設計した作品が優勝しました。

 

 

 

 

「未来の家」で2人が設計した作品は、ガラスとコンクリートのらせん状の平らな屋根の家で、専用ガレージボートを収納する倉庫ヘリコプターの離着陸場が組み込まれた斬新なデザインでした。

デンマーク・パヴィリオン

未来の家 設計図出典:ROOM

▲デンマーク建築家協会が主催したコペンハーゲン家具職人ギルド展「未来の家」コンペでの工事途中の実際の写真(上)とイメージデッサン(下)

 

 

ヤコブセン(とラッセンも)はすぐに優秀な建築家として認められるようになり、モダニズムの旗手の一人としてデンマーク国内において一躍注目を集めます。これにより、その名が広まるところとなり、住宅設計の依頼が増え始めたため、同年、個人事務所を設立しました。

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
この「未来の家」の工事途中の写真、よーーく見ると1925年のパリ万国博覧会でデザインされた『Paris Chair』が置かれているのが分かりますにゃ〜

 

ベラヴィスタ集合住宅

 

 

1930年代、ヤコブセンはコペンハーゲンの北に位置するクランペンボーの海岸沿いのベルヴュー地区に、レストランや劇場の隣接するリゾート型複合住宅を建設するコンペに当選し、ベラヴィスタ集合住宅をはじめとする大規模リゾート計画を手がけました。

ベラビスタ集合住宅 ベラビュー出典:Google Arts &Culture

▲1934年に竣工した『ベラヴィスタ集合住宅』は、各戸から海が眺められ日差しを取り込めるように設計されたモダニズム建築の先駆けともいえる作品。

 

 

ヤコブセンは「ベラヴィスタ集合住宅」と同様、ベルビュービーチ一体の再開発により海の監視塔『ライフガードタワー』のデザインも手掛けました。

 

 

 

 

水色と白の横ストライプは、ビーチ施設一体の共通言語になっていて、ビーチバレーのポールにも同じストライプが使用されています。このほか、売店やアイスクリームスタンド、トイレなどのほか、チケットやグッズのパッケージデザインもヤコブセンが手掛けました。

ライフガードタワー 監視塔 ベルヴュービーチ出典:Generator Hostels

▲現在は人気の写真スポットになっているベルヴュービーチにある監視塔『ライフガードタワー』

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
この海の見える『ベルヴィスタ集合住宅』などのリゾート型複合住宅は、当時「現代のライフスタイルの夢」とまで言われた憧れの住宅だったんだにゃ!もちろん現在もしっかり修復がされていて、大人気の物件らしいにゃあ〜

 

オーフス市庁舎

オーフス市庁舎出典:Nat chard

 

1939年、ユトランド半島にあるデンマーク第二の都市であるオーフスの市庁舎が、市制500周年を記念して建て替えることとなりました。

 

 

 

 

新たな市庁舎建設コンペにアルネ・ヤコブセンは同事務所のエリック・ムラーと共に挑み、見事勝ち取ることとなったのですが、そのデザインがあまりにも現代的過ぎて、市民たちから反対の声が上がるという困った事態に。

 

 

 

 

市民たちに説明を行うヤコブセンでしたが、「記念碑っぽさを出せ!」などのリクエストに答えて時計塔を追加したりと、設計変更を余儀なくされました。

オーフス市庁舎 ホール出典:Archidaily

▲オーフス市庁舎のメインホールに設けられた螺旋階段と大きな吹き抜け

 

オーフス市庁舎 中央通路出典:Lindburg

▲内装材にはデンマーク国内の木材を使用し、外部の自然を内部へ取り組む工夫がされた

 

 

また、庁舎内の会議室で使われている家具は、当時ヤコブセンの事務所に所属していた新進気鋭のデザイナーハンス・J. ウェグナーがデザインを手掛けています。

 

 

▼後に偉大なデザイナーとなるウェグナーがデザインしたチェアはこちら▼

サークルチェア PPMObler ウェグナー
【20世紀の動き(4)−1】北欧デザインの特徴とハンス・ウェグナーの家具について解説します【世界のインテリアの歴史⑰】この記事では北欧デザイン、スカンジナビアンデザインについてわかりやすく解説しています。代表的な家具デザイナーハンス・J・ウェグナーの人物像や代表的なプロダクトについて画像でわかりやすく解説しています。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...

 

 

アルネ・ヤコブセン、亡命する

デンマーク占領 ナチスドイツ出典:Faktalink

▲デンマークへ侵攻してきたナチス・ドイツ軍(1940年)

 

 

1940年にデンマークがナチス・ドイツによって占領されると、1943年にユダヤ人であったヤコブセンはナチスによる迫害を恐れ、デンマークの事務所から逃げ出し、他のユダヤのデンマーク人たちと一緒に中立国であったスウェーデンへなんと小さなボートを漕いで亡命しました。

 

 

 

一緒に亡命したデンマーク人の中には照明デザイナーのポール・ヘニングセンもいました。

 

 

 

亡命中は建築設計はほとんど行われず、いつの間にか離婚と再婚を経験していたヤコブセンは二人目の妻ヨハナとテキスタイル・デザインを手がけるなどして2年間を過ごすことになります。

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
1人目の奥様マリーさんはポール・ヘニングセンを紹介してくれたり、ヤコブセンと仲睦まじく生活していると思ったにゃ・・・2人の間に何があったのか、気になりますにゃあ〜

 

 

 

第2次世界大戦が終了すると、ヤコブセンたちはデンマークへ帰国し、1946年からさっそく様々な建築プロジェクトを進め、1950年代初めからは後に世界的な評価を得ることになる家具デザインを始めました。

 

 

 

 

家具デザインのスタイルは1952年のアントチェアによって確立され、その後もスワンチェアエッグチェアセブンチェアなどの傑作と呼ばれる家具作品を続けて発表します。

 

 

 

 

 

今日、アルネ・ヤコブセンは多くの人々に建築家では無く、家具デザイナーとして記憶されています。しかし、彼は自分が何よりもまず建築家であることに誇りを持っていて、ヤコブセンの友人からの話だと、ヤコブセンは自身をデザイナーと決して呼ばず、デザイナーと呼ばれることを悪名高いほど嫌っていたそうです。

アルネ・ヤコブセン出典:Fritz Hansen

 

ナンタルカ
ナンタルカ
アルネ・ヤコブセンは、「家具のデザインに於いて、チャールズ&レイ・イームズの成形合板の技術にも大きな影響を受けた」と話していて、「インスピレーションの源になった」とも、のちに語ったそうですにゃあ〜

 

アルネ・ヤコブセンの代表的なプロダクト

アント(チェア)

Ant chair アントチェア 出典:media.liveauctiongroup.net

 

アントチェアは正式名称を『Ant(蟻)』といい、通称『アリンコチェア 』とも呼ばれるヤコブセン屈指の傑作チェアです。

 

 

 

 

アントチェアは1952年、自身が建築した製薬会社『Novo Nordisk A/S(ノボノルディスク社)』の社員食堂のためにデザインされたチェアです。

ノボノルディスク社 アントチェア 出典:skandinaviskdesign.dk

▲丸い大きなテーブルにできるだけたくさん並べられるように、前が1本後ろが2本という3本脚で設計されたアントチェア。現在は4本脚タイプも販売されている。

 

 

アントチェアはチャールズ&レイ・イームズに影響を受けていたヤコブセンが手がけた最初の成形合板の製品で、背と座が一体化したアリのようなデザインは試作の過程で背と座の境部分にヒビや歪みが生じてしまった箇所を左右から取り除いていくうちに、くびれのあるアリのようなデザインになりました。

 

 

 

 

そしてそのくびれのおかげで程よい弾力が生まれ、身体の形状や動きに柔軟に適応するとても座り心地の良いチェアが誕生したのでした。

 

 

 

 

当時、かなり特徴的なデザインだったアントチェアに対し製造元のフリッツハンセン社では懐疑的な声が上がりました。しかしヤコブセンは「売れ残ったらぜんぶのチェアを買い取るから、とりあえず作ってくれ!」との強い要望があり製造が継続。

 

 

 

 

 

そして薄い成形合板と細いスチールレッグで作られた軽さ何脚もスタッキング(重ねて収納すること)できる機能性で活躍し、長年のロングセラーとなりました。

アントチェア スタッキング出典:Connox

▲当初は3本足だったが、足を組むとぐらつく場合があり4本足も製作された

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
誰もが一度は目にしたことがあるチェアですにゃ。いまではシートカラーは26種類、レッグカラーは7色から組み合わせて選ぶことができるんですにゃ〜 

 

セブンチェア

セブンチェア アルネ・ヤコブセン出典:Fritz Hansen

 

セブンチェアは1955年にヤコブセンによって設計された椅子で、「世界で一番売れたスタッキングチェア」とか「セブンチェアを超える椅子は未だに存在しない」とか、色んなキャッチコピーが付けられている、とにかくすごいたくさんの人に愛されているチェアです。

 

 

 

 

セブンチェアはアントチェアのバリエーションとしてデザインされた後継とも呼べるチェアで、フリッツ・ハンセン社によって独占的に生産されました。

 

 

 

 

セブンチェアは、通常の4本脚を持つ3107モデル5輪のオフィスチェアである3117モデルバースツールの3187モデルなど、豊富なラインナップが用意されています。

セブンチェア オフィス

セブンチェア出典:Fritz Hansen

 

 

日本ではあまり知られていませんが、セブンチェアは1963年に写真家ルイス・モーリーが撮影したクリスティーン・キーラーの象徴的な写真で使用されたと広く信じられていて、写真の出版後、セブンチェアの売り上げが爆発的に増加しました。

セブンチェア クリスティーン出典:ArtBasel

▲セブンチェアの背中にハンドホールドカット(持ち手の穴)がある?

 

 

しかし、実はこの写真で使用されているチェアは模倣品で全くの別物でした。

 

 

 

キーラーの座っているチェアの背中にはハンドホールドカットがあり、セブンチェアを知っている人が見たら違うことは明白なのですが、ヤコブセンやフリッツ・ハンセン社が訴訟したなどの記録が無いことから、結果的に売り上げにつながった為に黙認したと言われています。

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
セブンチェアもアントチェアと同じようにチャールズ&レイ・イームズの成形合板にインスピレーションを受けてデザインしたチェアのひとつだそうだにゃ。夫妻の影響は計り知れませんにゃあ〜

 

 

スワン(チェア)

スワンチェア出典:CULT

 

 

スワンチェアの正式名称は『SWAN』であり、コペンハーゲンのSASロイヤルホテル(現ラディソン・コレクション・ロイヤルホテル)のために1958年にデンマークのモダンなスタイルでヤコブセンによって設計されたラウンジチェアで、フリッツ・ハンセン社によって製造されました。

スワン SWAN SAS HOTEL 606出典:Ultra Swank

▲SASロイヤルホテルに採用されたヤコブセンのチェアの数々。写真右奥は「ドロップチェア」、左手前は「エッグチェア」(写真はSASロイヤルホテル606号室)

 

 

スワンチェアのシートには成形合板では無く硬質発泡ポリウレタンを使用して、すべてが曲線で構成されたデザインはまるで白鳥のようです。

 

 

 

 

このような曲面板からなる構造シェル構造と呼ばれ、「シェル」は直訳すると「貝殻」という意味であるため、貝殻構造とも呼ばれます。

エッグチェア アルネ・ヤコブセン出典:SUITE NY

▲アルネ・ヤコブセンはコペンハーゲンの自宅ガレージで、いくつもの試作品を作り改良を重ねた

 

 

また、シートはファブリックとレザーから選ぶことができて、レッグは回転式のサテン研磨アルミ製のみでバリエーションはありません。

 

 

 

 

ヤコブセンは、SASロイヤルホテルにスワンチェアを使用しただけでなく、人生最後のプロジェクトとなった『デンマーク国立銀行』にも使用されました。

デンマーク国立銀行 外観出典:WikiArquitectura

▲コペンハーゲンの中心地に位置する『デンマーク国立銀行』は、ヤコブセンが死の間際までその設計に尽力し、遺作となった作品。ファサードにはノルウェー産の黒大理石とダークカラーのミラーガラスで覆われており、堅牢な印象を与えている。(1978年完成)

 

スワン デンマーク国立銀行出典:Degitalassets.fritzhansen.com

▲『デンマーク国立銀行』に置かれたレザーのスワンチェアとスワンソファ

 

 

エッグ(チェア)

エッグチェア アルネ・ヤコブセン出典:Pen Online

 

エッグチェアは正式には『EGG』という名称で、1958年にコペンハーゲンにあるSASホテルのためにスワンチェアと一緒にヤコブセンによって設計されたシェル構造をもつ椅子で、フリッツ・ハンセン社によって製造されました。

 

 

 

 

ヤコブセンは、スワンチェアと同様にエッグチェアのデザインの実現に向けまったく新しい素材である発泡硬質ポリウレタンを用いるなど、曲線で構成されたデザインに徹底的にこだわりました。

エッグチェア オットマン出典:Fritz hansen

▲エッグチェアには足を乗せるフットスツールもデザインされているので足を乗せてリラックスできる

 

 

ヤコブセンは彫刻家のように、コペンハーゲンのガレージでワイヤーと石膏を使用した試作を繰り返し、完璧な曲線フォルムを追及しました。

 

 

 

 

 

今日、エッグチェアはヤコブセンの偉業を象徴するアイテムの1つとして、またスカンジナビアンデザインの代表的な作品として世界中で認識されています。

エッグチェア フリッツ・ハンセン出典:Happy Interior Blog

▲コペンハーゲンにあるフリッツ・ハンセンの工場では一つ一つ手作業でチェアを作っている

 

 

ちなみにエッグチェアのデザインは、エーロ・サーリネンがデザインした『ウームチェア (Womb chair) 』に影響を受けたものという話は有名ですが、真偽は不明です。

KNOLL エーロ・サーリネン 出典:Knoll

▲アルネ・ヤコブセンがエッグチェアをデザインする際、インスピレーションを受けたと言われるエーロ・サーリネンがデザインした『ウームチェア』

 

 

ドロップ(チェア)

ドロップチェア出典:Fritz hansen

 

ドロップチェアは1958年、コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのために『ドロップ』という名称でデザインされたチェアです。

 

 

 

 

スワンチェアやエッグチェアと共にデザインされましたが、ドロップチェアの製造数は同ホテルのためだけの限られたものだったため、ヴィンテージ市場では幻の銘品としてめちゃめちゃ高値で取引されてきたことでも有名です。

ドロップチェア SAS 606出典:ワイズカーサ

▲抱擁の感覚にインスピレーションを得てデザインされたというドロップチェアのフォルムは、動きやすさと快適さを持ち合わせている。

 

 

ヤコブセンの隠れたお気に入りだったといわれるドロップチェアは、2014年に初めてフリッツ・ハンセン社より発売を果たしました。

 

 

 

グランプリチェア

グランプリチェア アルネ・ヤコブセン出典:VNTG

 

グランプリチェアは、1957年にコペンハーゲンのデンマーク工芸博物館において開催された春の展示会で初公開されました。

 

 

 

 

アルネ・ヤコブセンによりデザインされたこのチェアは、同年のミラノ・トリエンナーレでグランプリを獲得した為、以来グランプリチェアと呼ばれています。

 

 

 

 

チェアのレッグはもともとウッドのみでしたが、スチールが追加されて現在では2種類から選択できます

グランプリチェア イエロー グランプリチェア スタッキング出典:Fritz hansen

▲カラーバリエーションはさまざま。ウッドレッグ仕様はスタッキングできない。

 

 

シェル(座面の部分)は樹種やカラー、パディング(クッション材)の有り無しなど幅広いバリエーションから選ぶことができます。

 

 

 

 

一時期は生産を中止していましたが、2008年にフリッツ・ハンセン社により復刻しました。

 

 

AJ ロイヤル(The AJ Royal)

AJロイヤル アルネ・ヤコブセン出典:HLD

▲現在販売されているAJロイヤルのサイズは「φ250」「φ370」「φ500」の3種類、カラーは「ホワイト」「ブラック」の2種類

 

 

AJ ロイヤル(AJ Royal)は、ヤコブセンがSASロイヤルホテルを設計した際にデザインしたペンダントライトです。

 

 

 

 

流行や時代に左右されないヤコブセンデザインを象徴するシンプルな半球型のフォルムで、空間をスッキリ美しく演出する機能性にも優れた名作です。

 

 

 

 

現在販売されているAJロイヤルはアルミ製ですが、当時は銅製で、SASホテルのスナックバー、1階のラウンジ、21階のパノラマラウンジに吊り下げられました。

AJロイヤル AJ Royal SAS Hotel出典:design NJ

 

半球型のシェードの照明の場合、下方のみが照らされ上方に光が拡散しないため空間全体が暗くなってしまいますが、 AJロイヤルはシェード内部の光が反射される構造になっており、シェードの上部に設けられたルーバーから優しい光を天井に向けて拡散します。

 

 

ナンタルカ
ナンタルカ
アルネ・ヤコブセンのプロダクトは、まだまだたくさんあるにゃ!チェアや照明の他にも、デスク、サイドテーブル、時計、水栓金具など、興味がある方はぜひ調べてみてほしいにゃあ〜

 

 

 

<PR>

▼世界のおしゃれデザイングッズはここにある▼

 

 

▼英語絵本をプレゼントしませんか?▼

 

 

 

お疲れ様でした!

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

 

分かりにくい点やお気づきのことがあれば、メールでご連絡頂けましたら幸いです。

 

 

では、次回もお楽しみに。

 

 

 

<PR>

▼英語が喋れちゃうというアドバンテージ▼

 

▼男女対象、高タンパク健康食。クリケットプロテイン▼

 

 

▼次回、北欧インテリア最終章はこちらから!▼

ポエトソファ POET SOFA
【20世紀の動き(5)−1】コーレ・クリントとフィン・ユールとは?外せないデンマークの北欧デザイナー五傑・前編【世界のインテリアの歴史⑲】この記事では北欧デザイン、スカンジナビアンの第一人者であるアルネ・ヤコブセンについてわかりやすく解説しています。家具デザイナーとして有名なヤコブセンの建築家としての側面から、意外に知らないプロダクトについて分かりやすく画像で理解していきましょう。インテリアコーディネーターの復習や、試験勉強の参考にお役立てください。...